柾木博行の最近の記事

モナカ興行『旅程』(作=フジノサツコ、演出=森新太郎)
10/19(金)? 28(日) 三鷹市芸術文化センター 星のホール 3,200円
ホームグラウンドである円の7月公演『ガリレイの生涯』では、真実を求める男の苦悩を描き出した森。もうひとつのホームグラウンドで、今回はどんな舞台を見せてくれるか。

山の手事情社『トロイラスとクレシダ』(原作=W.シェイクスピア、構成・演出=安田雅弘)
10/24(水)? 28(日) 東京芸術劇場 シアターウエスト 4,500円
9月にルーマニアのシビウにある国立ラドゥスタンカ劇場で近松の『女殺油地獄』を現地の俳優相手に演出してきた安田。今回は8月に蜷川も上演したシェイクスピアの「問題劇」を上演する。

SPAC『病は気から』(原作=モリエール、潤色・演出=ノゾエ征爾)
10/27(土)・28(日)・11/3(土)・4(日) 静岡芸術劇場 4,000円
今年の岸田戯曲賞受賞以降、売れっ子となったノゾエが、今年3本目の演出作として選んだのはモリエール。スズキトレーニングメソッドで鍛えられたSPACの役者たちをどう使うのか、興味深い。


柾木博行

MODE『あなたに会ったことがある2』(作・演出=松本修)
10/3(水)〜 8(月・祝) 上野ストアハウス 3,500円
昨年笹塚ファクトリーで上演した前作に引き続き、今回もカフカの短編集をコラージュする作品。シアターアーツ劇評家講座の受講生の鈴木麻里が出演。

『リチャード三世』(作=W.シェイクスピア、演出=鵜山仁)
10/3(水)〜 21(日) 新国立劇場中劇場 3,150〜8,400円
前芸術監督の鵜山仁が退任の年に、芸術監督交代の一連の問題を全て吹っ飛ばすように放った『ヘンリー六世・三部作』から2年。ほぼ同じ座組で作るだけに今回も期待大。

まつもと市民芸術館『K.ファウスト』(作・演出・美術=串田和美)
10/6(土)〜 14(日) 世田谷パブリックシアター 5,500〜8,000円
10/19(金)〜 21(日) まつもと市民芸術館 特設会場 3,500〜7,000円
ゲーテの戯曲ではなく、その元となったファウスト伝説を串田和美がアレンジする舞台。サーカスのアーティストやミュージシャンも加わった祝祭性の高い舞台が楽しめそう。


柾木博行

燐光群『内海のクジラ』(作・演出=坂手洋二、振付=矢内原美邦)
9/22(土・祝)・23(日) 犬島・西ノ谷湾岸 3,500円
7月に上演された「無秩序な小さな水のコメディー」の中の短編『入り海のクジラ』をさらに発展させるという作品。矢内原美邦振付のダンスが犬島の入江でどう展開されるか楽しみ。

砂連尾理/劇団ティクバ+循環プロジェクト『劇団ティクバ+循環プロジェクト』(構成・振付・演出=砂連尾理)
9/22(土・祝)・23(日) 元・立誠小学校 講堂 3,000円
この夏のロンドンオリンピックでは南アフリカの選手が陸上でオリンピックとパラリンピックの両方に出場した。ならばダンスの世界で障碍者と健常者が対等に表現することは可能か? その確認をしてみたい。

SPAC『夜叉ヶ池』(演出=宮城聰、音楽=棚川寛子)
9/29(土)・30(日)・10/6(土) 静岡芸術劇場 4,000円
宮城聰が2009年にSPACで初めて泉鏡花を舞台化した作品。ク・ナウカ時代に手掛けた作品ともまた違う宮城版泉鏡花ワールドを堪能したい。


柾木博行

劇団俳優座『かもめ』(作=A.チェーホフ、翻訳=小田島雄志、演出=眞鍋卓嗣)
9/8(土)〜 23(日) 劇団俳優座5階稽古場 5,250円
前回はスエヒロケイスケの書き下ろし新作を演出した俳優座の若手演出家・眞鍋が、今回はマイケル・フレインの英語版の小田島訳による『かもめ』を上演。

NODA・MAP『エッグ』(作・演出=野田秀樹、音楽=椎名林檎)
9/5(水)〜10/28(日)
東京芸術劇場 プレイハウス 5,500〜9,500円
リニューアルオープンとなった芸劇で、芸術監督の野田が見せるのは「あるスポーツ」を巡る物語。東京にオリンピックを招致しようという東京都の思惑に野田が乗るのかも気になるところ。


文学座『エゲリア』(作=瀬戸口 郁、演出=西川信廣)
9/7(金)〜 23(日) 吉祥寺シアター 5,500円
岡本一平、かの子の壮絶な生き方を、文学座の俳優の瀬戸口 郁が書き下ろした新作を上演する。


柾木博行

『トロラスとクレシダ』(作=W.シェイクスピア、演出=蜷川幸雄)
8/17(金)〜 9/2(日) 彩の国さいたま芸術劇場 大ホール 2,000〜8,000円
もう美"少年"とは呼べない妙齢の男たちによるオールメールシリーズが果たして悲劇を物語れるのか、気になるところ。

新宿梁山泊『百年 風の仲間たち』(作=趙博、演出=金守珍)
8/18(土)〜 26(日) 吉祥寺シアター 3,100〜4,100円
大阪在住の歌手・趙 博の歌「百年節」をモチーフに、ソウルのDosam ART CENTERからの依頼で金守珍が作った作品を本邦初演。

SCOT『世界の果てからこんにちは』(作・演出=鈴木忠志)
8/25(土)・9/1(土) 利賀芸術公演・野外劇場 4,000円
この夏、エジンバラ国際フェスティバルに招待されて『エレクトラ』を上演してきたSCOTだが、本拠地利賀のサマーシーズンでは定番の『世界の果てからこんにちは』など3作品を上演。送り火のような"果てこん"で今年も夏が暮れていく。


柾木博行

やなぎみわ演劇プロジェクト『1924 人間機械』(作=あごうさとし 原案・演出=やなぎみわ)
8/4(金)〜 5(日) 世田谷美術館 4,000円 〜 4,800円
この春、京都国立近代美術館で初演され、6月の高松公演に際して改訂された作品がようやく東京で上演。シアターアーツ51号に上演台本を掲載している。

THE・ガジラ『Happy Days〜幸せな日々〜』(作・演出=鐘下辰男)
8/9(木)〜 19(日) 笹塚ファクトリー 4,800円
鐘下の約一年ぶりの新作。千葉哲也、寺十吾、塩野谷正幸といったベテラン男優も捨てがたいが、一番の注目は鐘下作品初出演となる毛皮族の柿丸美智恵!

世田谷パブリックシアター『トバズニハ』(総合演出=伊藤キム)
8/14(火) シアタートラム 2,400円
現役中学生と高校生を伊藤キムが指導したグループによる発表公演。棚川寛子、楠原竜也が共同演出。


柾木博行

維新派『夕顔のはなしろきゆふぐれ』(構成・演出=松本雄吉)
7/12(木)〜 29(日) デザイン・クリエイティブセンター神戸 6,300円
最近は作品のもつ繊細さが際立つような既存劇場での公演も行っている維新派。野外でのダイナミズムを失わずにきめ細かな作品作りが出来るかに注目。

重力/Note『職業◎寺山修司(1935〜1983/1983〜2012)』(構成・演出=鹿島 将介)
7/20(金)〜 23(月) STスポット 2,900円
来年の没後30年を前に、その演劇作品を上演するのではなく、幅広い寺山の活動を再構成して、総体としてのテラヤマワールドを捉え直そうという意欲作。

PAW2012 東北復興支援VOL.2 あさか開成高等学校演劇部『この青空は、ほんとの空ってことでいいですか』
(作=佐藤茂紀&あさか開成演劇部、演出=今野健太)
7/31(火) かなっくホール横浜市神奈川区民センター 2,000円
今年3月11日に日本演出者協会が主催した「フェニックスプロジェクトvol.4」でも上演された福島県立あさか開成高等学校の演劇部の作品。原発事故後の福島で暮らす高校生たちの今が描かれる。上演終了後のアフタートークに参加する予定。


柾木博行

燐光群『宇宙みそ汁』(作=清中愛子、構成・演出=坂手洋二)
7/2(月)〜7/1(日) 座・高円寺1 3,500円
薦田愛など詩人とのコラボをしたことのある坂手が、今回は詩人、清中愛子が三田文学新人賞奨励賞、「文芸思潮」現代詩賞大賞を受賞した『宇宙みそ汁』を舞台化。『無秩序な小さな水のコメディー』との2本立て上演。

オフィスコットーネプロデュース『コルセット』(作・演出=前川麻子)
7/4(水)〜 9(月) ザ・スズナリ 4,200円
前川麻子が初めてプロデュース公演に招かれて作・演出する公演。13年ぶりの舞台出演という伊佐山ひろ子をはじめ、実力派俳優の芝居が楽しみ。

シアター・リフレクション『星のおくりもの』(作・演出=シアター・リフレクション)
7/8(日)〜 16(月) 座・高円寺1 2,500円
座・高円寺開場以来、毎年夏に公演を行っているデンマークの人形劇団シアター・リフレクション。今回は1ステージ40名限定のテントでの公演という。


柾木博行

世田谷パブリックシアター+こまつ座『藪原検校』(作=井上ひさし、演出=栗山民也)
6/12(火)〜 7/1(日) 世田谷パブリックシアター 6,500〜8,500円
井上ひさしの作品に登場する萬斎。果たして、どんな悪党を見せてくれるか?

劇団チャリT企画『12人のそりゃ恐ろしい日本人2012』(作・演出=楢原拓)
6/28(木)〜7/1(日) 座・高円寺1 3,500円
つい先日は、あのバナナに出演していた楢原が自身の代表作を改訂再演。なんちゃって社会派が今の時代を切り取るとなれば......

テアトロ・マランドロ『春のめざめ』(作=ヴェデキント、演出=オマール・ポラス)
6/30(土)・7/1(日) 静岡芸術劇場 4,000円
昨年は震災で公演メンバーの多くが来日中止となり、3名ほどで来日してSPACとの共同制作を行ったオマール。今年はカンパニー引き連れてどんな舞台になるか楽しみ。


柾木博行

『南部高速道路』(原作=フリオ・コルタサル、構成・演出=長塚圭史)
6/7(木)〜 24(日) シアタートラム 5,000円
アルゼンチンの作家の短編小説をもとに長塚圭史が俳優たちと長期のワークショップで作りあげた舞台。4日・5日はプレビュー公演あり。

五反田団『宮本武蔵』(作・演出=前田司郎)
6/8(金)〜 17(日) 三鷹市芸術文化センター 星のホール 2,800円
吉川英治原作......のわけはなく、今回もゆるーい前田ワールドで、まげもつけずに展開するムサシ。とはいえ相手を油断させて鋭く斬り込む点では最適な題材かも。

パリ・オデオン座『オリヴィエ・ピィの 『<完全版>ロミオとジュリエット』』(作=W・シェイクスピア、演出=オリヴィエ・ピィ)
6/9(土)・ 10(日) 静岡芸術劇場 4,000円
オリビエ・ピィがオデオン座の芸術監督を去り来年からアヴィニョンへ移るのにあたって制作した最後のプロダクション。テキストをカットせずにピィ自身がフランス語へ翻訳した、上演時間200分の大作だ。


柾木博行