藤原央登の最近の記事

COLLOL『しょうひとぼうりょく、そのあと』(作・演出=田口アヤコ)
10/17(水)〜 21(日) 早稲田LIFT 1,000円〜3,000円
「イプセン『ノラ/人形の家』からの、最上/最悪の愛の物語」。女性の自意識を他者とどのように共有することができるか?

モナカ興行『旅程』(作=フジノサツコ、演出=森新太郎)
10/19(金)〜 28(日) 三鷹市芸術文化センター 星のホール 3,200円
演劇集団円の若手として台頭する森新太郎。マームとジプシー、はえぎわに続いて「MITAKA"Next"Selection 13th」のトリを務める。

青年団+大阪大学ロボット演劇プロジェクト アンドロイド版『三人姉妹』(原作=アントン・チェーホフ、作・演出=平田オリザ、テクニカルアドバイザー=石黒浩(大阪大学&ATR石黒浩特別研究室))
10/20(土)〜11/4(日) 吉祥寺シアター 2,000円〜4,000円
「円高による空洞化」で「衰退」した工業地帯で生活する三人姉妹。彼女たちにとっての「モスクワ」は? 労働の意味は? そしてロボットは何役?


藤原央登

犬と串『さわやかファシズム』(作・演出=モラル)
10/3(水)〜 14(日) 王子小劇場 1,000円〜2,800円
早稲田大学演劇研究会を母体とする犬と串。本作より、これまで根城にしていた早稲田大学大隈講堂裏劇研アトリエを離れた劇団活動を始める。

あうるすぽっとプロデュース『季節のない街』(原作=山本周五郎、脚色・演出=戌井昭人)
10/4(木)〜 8(月) 豊島区立舞台芸術交流センター あうるすぽっと 2,800円〜3,500円
鉄割アルバトロスケットを主宰し小説家としても活躍する戌井昭人が、山本周五郎の小説『季節のない街』を劇化。「ズレている、ネジもゆるんでいる。そんな人達が住んでいる街」は現代といかにシンクロするか。

劇団唐組『虹屋敷』(作=唐十郎、演出=唐十郎+久保井研)
10/6(土)〜21(日) 吉祥寺・井の頭恩賜公園内・旧プール跡地 10/26(金)〜 28(日) 雑司ヶ谷・鬼子母神 3,600円
外部作品で演出家としても活動する久保井研が、ホームグラウンドで唐十郎と共同演出。また、70年代に状況劇場のポスターや舞台美術を担当した篠原勝之が、「ガラスの魔術の虹係」として参加する。


藤原央登

シス・カンパニー/Bunkamura present『騒音歌舞伎 ボクの四谷怪談』(脚本・作詞=橋本治、演出=蜷川幸雄、音楽=鈴木慶一)
9/17(月)〜 10/14(日) Bunkamura シアターコクーン 5,000〜9,500円
「橋本治 幻の戯曲を、蜷川幸雄が奇跡の発掘!」。「昭和五十一年にして文政八年、さらに元禄十四年であり、しかも南北朝時代」の橋本治版『四谷怪談』が、40年振りに蘇る。

男肉 du soleil『団長のビバリーヒルズコップ』
9/27(木)〜 30(日) シアター711 2,000〜3,000円
四年半ぶりの男肉 du soleil観劇。その動機は、どういったいきさつで客演することになったのか分からない、アイドル・中村優を見るため!

はえぎわ『ライフスタイル体操第一』(作・演出=ノゾエ征爾)
9/28(金)〜 10/8(月) 三鷹市芸術文化センター 星のホール 500〜3,600円
第56回岸田國士戯曲賞受賞後の『I'm (w)here』で、3.11を起点とした東京の人間の姿を真摯に描出したはえぎわ。演劇的趣向を凝らした舞台創りも見ものだ。


藤原央登

マームとジプシー『ワタシんち、通過。のち、ダイジェスト』(作・演出=藤田貴大)
9/7(金)〜 17(月) 三鷹市芸術文化センター 星のホール 1,000円〜3,000円
「岸田國士戯曲賞受賞後初のフルスケールでの新作」は、「100年規模の時間を、記憶を、描き出」す。100年といえば、近々ではケラリーノ・サンドロヴィッチ『百年の秘密』があった。これに拮抗する強度を提示できるか?

劇団オルケーニ『ショックヘッド・ピーター 〜よいこのえほん〜』(作=ジュリアン・クラウチ/フィリム・マクダーモット/タイガー・リーズ、演出=アシェル・タマーシュ)
9/1(土)〜 9(日) 東京芸術劇場 シアターイースト 1,000円〜4,000円
リニューアルオープンする東京芸術劇場で最初に公演するのは、芸術監督・野田秀樹が「イチ押し」のハンガリーの劇団。「コワかわいい」「ブラックな寓話」劇。

アマヤドリ『フリル』(作・演出=広田淳一)
9/8(土)〜 17(月) 王子小劇場 1,000円〜3,500円
今年、「ひょっとこ乱舞」の名を改めて再スタート。変わったのは名前だけか否かを確かめたい。

藤原央登

チェルフィッチュ『女優の魂』(作・演出=岡田利規)
8/17(金)〜 19(日) STスポット横浜 2,000円〜3,000円
「女優の業......。彼女は死後も女優であり続けられるのか?!」。『美術手帖』に発表した短編小説を劇化した一人芝居。

ピンク地底人『明日を落としても』(作・演出=ピンク地底人3号)
8/17(金)〜 19(日) 王子小劇場 500円〜2,800円
「日々の孤独と戦うため、ときおり地上にあらわれては演劇活動をしている」京都を地盤とする地底人たち。「地底人、史上最大規模の大規模侵略計画」を始動させて、初の東京公演だそうです。

少年王者舘『累-かさね-』(作・演出=天野天街)
8/16(木)〜 22(水) 下北沢ザ・スズナリ 3,000円〜4,000円
ままごと・柴幸男に影響を与えた少年王者舘。今作では、「三遊亭圓朝作の『真景累ヶ淵』をベースに」、「森羅万象、有形、無形、有る無しを問わない全ての事象」を描く。


藤原央登

パラドックス定数『東京裁判』(作・演出=野木萌葱)
7/31(火)〜 8/12(日) pit北/区域 3,000円〜3,200円
「弁護団主任弁護人。『人類の知る最重刑』を求刑する検察団を相手に、彼らは真っ向から勝負を挑む」。2009年初演、極東国際軍事裁判を巡る作品の再演。

ミナモザ『国民の生活』(作・演出=瀬戸山美咲)
8/1(水)〜 6(月) SPACE雑遊 2,000円〜3,300円
モノで溢れたトーキョーの生活の問い直し。3,000円相当の物品を持参すれば観劇できる「3,000円相当デー」(3日昼)、それらを見学する「3,000円相当のモノ博覧会」(5日夜)が催される。

まことクラヴ+『蜜室(みっしつ)』(構成・演出・振付=遠田誠)
8/8(水)〜 11(土) シアタートラム 3,000円〜3,500円
「日常の行為や風景の中に"非日常"のダンスを織り込」んできた同カンパニー。今作では舞踏家・向雲太郎はじめとする客演を招き、劇場で公演する。


藤原央登

ニットキャップシアター『ピラカタノート』(作・演出=ごまのはえ)
7/19(木)〜 22(日) アトリエ春風舎 1,500円〜3,300円
「高度成長のころ生まれた架空の街『ピラカタ』の歴史と今」。昨年の上演時、震災に対する作者の自己批判が高く評価された。今年は3都市で再演。

Nibroll『"see/saw"』(振付=矢内原美邦)
7/20(金)〜 8/12(日) ヨコハマ創造都市センター 2,800円〜3,500円
off-Nibroll(展示『a quiet day』、一人芝居『spoken word』)を含め、約一ヶ月間に渡って「ダンスカンパニーとして生まれ変わった新生Nibroll」を見せる。

KAATキッズ・プログラム2012『暗いところからやってくる』(作=前川知大、演出=小川絵梨子)
7/26(木)〜 8/5(日) 神奈川芸術劇場(中スタジオ) 大人=3,000円 子ども1,500円
「僕の隣に何かがいる」。現実の裂け目に垣間見える異界を描く前川作品。新作は、こどもとおとな双方が楽しめる作品を創るという。


藤原央登

MODE『逃げ去る恋2012 チェーホフ 『三人姉妹』より』(構成・演出=松本修)
7/5(木)〜9(月) 上野ストアハウス 2,500円〜3,500円
再演が重ねられている、MODEの旗揚げ(1989年)作品。学生時代、松本と先輩たちが授業公演で創ったバージョンを見たことがある......。

流山児★事務所『イロシマ』(作=鹿目由紀、演出=流山児祥)
7/7(土)〜 16(月) Space早稲田 3,000円〜3,800円
先日、鹿目が主宰する名古屋の劇団あおきりみかんの公演を初見。ミュージカルを逆手にとった批評性のある笑いと、南河内万歳一座を彷彿とさせるパワフルな群集場面で魅せた。さて、ストレートプレイはどのような作風か?

悪い芝居『カナヅチ女、夜泳ぐ』(作・演出=山崎彬)
7/10(火)〜 16(月) 王子小劇場 500円〜2,900円
昨年上演した『駄々の塊です』が、第56回岸田國士戯曲賞最終選考に残った悪い芝居。いろんなものに迎合せず、これまで通りしたたかに「演劇道」を歩んでいただきたい。


藤原央登

五反田団『宮本武蔵』(作・演出=前田司郎)
6/8(金)〜17(日) 三鷹市芸術文化センター 星のホール  1000円〜2800円
剣豪・宮本武蔵を素材にしても、前田司郎の手にかかればユルさが全開に押し出されるのだろうか?

劇団あおきりみかん『ミュージカル 湖の白鳥』(作・演出=鹿目由紀)
6/22(金)〜24(日) シアターグリーン BOX in BOX THEATER  1200円〜3000円
名古屋を拠点に活動する劇団。8月には座・高円寺にて、同じ名古屋の集団であるオイスターズと共に公演する。

ままごと+三鷹市芸術文化センター『朝がある』(作・演出=柴幸男)
6/29(金)〜7/8(日) 三鷹市芸術文化センター 星のホール 1,000円〜3,500円
「太宰治作品をモチーフにした演劇第9回」参加作品。音楽に再びロロロ・三浦康嗣を迎え、『わが星』越えを目指すという。


藤原央登

ロ字ック『鬼畜ビューティー』(作・演出=山田佳奈)
6/6(水)〜 10(日) 新宿サンモールスタジオ  2,300円〜2,800円
「女の童貞はこじらせると男のそれより、質が悪い」(チラシ)。4月に上演された番外公演しか見ていないので、本公演でこの集団志向を確かめたい。

青年団『月の岬』(作=松田正隆、演出=平田オリザ)
6/8(金)〜 17(日) 座・高円寺1  2,000円〜4,000円
いくつかの演劇賞に輝いた作品の、12年振りの再演。松田と平田が作風で違える前の豊穣な共同作業が蘇る?

流山児★事務所『さらば、豚』(作=東憲司、演出=流山児祥)
6/6(水)〜 12(火) 下北沢 ザ・スズナリ 3,500円〜4,200円
劇団桟敷童子主宰・東憲司の書き下ろし新作。東が物語る根拠、九州の炭鉱が舞台。


藤原央登