これから観る舞台の最近の記事

モナカ興行『旅程』(作=フジノサツコ、演出=森新太郎)
10/19(金)? 28(日) 三鷹市芸術文化センター 星のホール 3,200円
ホームグラウンドである円の7月公演『ガリレイの生涯』では、真実を求める男の苦悩を描き出した森。もうひとつのホームグラウンドで、今回はどんな舞台を見せてくれるか。

山の手事情社『トロイラスとクレシダ』(原作=W.シェイクスピア、構成・演出=安田雅弘)
10/24(水)? 28(日) 東京芸術劇場 シアターウエスト 4,500円
9月にルーマニアのシビウにある国立ラドゥスタンカ劇場で近松の『女殺油地獄』を現地の俳優相手に演出してきた安田。今回は8月に蜷川も上演したシェイクスピアの「問題劇」を上演する。

SPAC『病は気から』(原作=モリエール、潤色・演出=ノゾエ征爾)
10/27(土)・28(日)・11/3(土)・4(日) 静岡芸術劇場 4,000円
今年の岸田戯曲賞受賞以降、売れっ子となったノゾエが、今年3本目の演出作として選んだのはモリエール。スズキトレーニングメソッドで鍛えられたSPACの役者たちをどう使うのか、興味深い。


柾木博行

COLLOL『しょうひとぼうりょく、そのあと』(作・演出=田口アヤコ)
10/17(水)〜 21(日) 早稲田LIFT 1,000円〜3,000円
「イプセン『ノラ/人形の家』からの、最上/最悪の愛の物語」。女性の自意識を他者とどのように共有することができるか?

モナカ興行『旅程』(作=フジノサツコ、演出=森新太郎)
10/19(金)〜 28(日) 三鷹市芸術文化センター 星のホール 3,200円
演劇集団円の若手として台頭する森新太郎。マームとジプシー、はえぎわに続いて「MITAKA"Next"Selection 13th」のトリを務める。

青年団+大阪大学ロボット演劇プロジェクト アンドロイド版『三人姉妹』(原作=アントン・チェーホフ、作・演出=平田オリザ、テクニカルアドバイザー=石黒浩(大阪大学&ATR石黒浩特別研究室))
10/20(土)〜11/4(日) 吉祥寺シアター 2,000円〜4,000円
「円高による空洞化」で「衰退」した工業地帯で生活する三人姉妹。彼女たちにとっての「モスクワ」は? 労働の意味は? そしてロボットは何役?


藤原央登

MODE『あなたに会ったことがある2』(作・演出=松本修)
10/3(水)〜 8(月・祝) 上野ストアハウス 3,500円
昨年笹塚ファクトリーで上演した前作に引き続き、今回もカフカの短編集をコラージュする作品。シアターアーツ劇評家講座の受講生の鈴木麻里が出演。

『リチャード三世』(作=W.シェイクスピア、演出=鵜山仁)
10/3(水)〜 21(日) 新国立劇場中劇場 3,150〜8,400円
前芸術監督の鵜山仁が退任の年に、芸術監督交代の一連の問題を全て吹っ飛ばすように放った『ヘンリー六世・三部作』から2年。ほぼ同じ座組で作るだけに今回も期待大。

まつもと市民芸術館『K.ファウスト』(作・演出・美術=串田和美)
10/6(土)〜 14(日) 世田谷パブリックシアター 5,500〜8,000円
10/19(金)〜 21(日) まつもと市民芸術館 特設会場 3,500〜7,000円
ゲーテの戯曲ではなく、その元となったファウスト伝説を串田和美がアレンジする舞台。サーカスのアーティストやミュージシャンも加わった祝祭性の高い舞台が楽しめそう。


柾木博行

音楽劇『ファンファーレ』(作・演出=柴幸男、他)
9/28(金)〜 10/14(日) シアタートラム他 全席自由=5,000円
『わが星』を超える作品を目指したらしい。製作に三浦康嗣(口ロロ)、白神ももこ(モモンガ・コンプレックス)が参加している点も注目したい。

新国立劇場主催公演『リチャード三世』(作=W.シェイクスピア、演出=鵜山仁)
10/3(水)〜 21(日) 新国立劇場中劇場
2009年に上演された『ヘンリー六世』のキャスティングそのままに続編『リチャード三世』が上演される。

パルコプロデュース公演『ヒッキー・ソトニデテミターノ』(作・演出=岩井秀人)
10/4(木)〜 14(日) パルコ劇場
「ヒッキー・カンクーントルネード」の続編で岩井秀人、パルコ劇場に初登場。あの脱力感がどのように表現されるのか楽しみにしたい。


嶋田直哉

犬と串『さわやかファシズム』(作・演出=モラル)
10/3(水)〜 14(日) 王子小劇場 1,000円〜2,800円
早稲田大学演劇研究会を母体とする犬と串。本作より、これまで根城にしていた早稲田大学大隈講堂裏劇研アトリエを離れた劇団活動を始める。

あうるすぽっとプロデュース『季節のない街』(原作=山本周五郎、脚色・演出=戌井昭人)
10/4(木)〜 8(月) 豊島区立舞台芸術交流センター あうるすぽっと 2,800円〜3,500円
鉄割アルバトロスケットを主宰し小説家としても活躍する戌井昭人が、山本周五郎の小説『季節のない街』を劇化。「ズレている、ネジもゆるんでいる。そんな人達が住んでいる街」は現代といかにシンクロするか。

劇団唐組『虹屋敷』(作=唐十郎、演出=唐十郎+久保井研)
10/6(土)〜21(日) 吉祥寺・井の頭恩賜公園内・旧プール跡地 10/26(金)〜 28(日) 雑司ヶ谷・鬼子母神 3,600円
外部作品で演出家としても活動する久保井研が、ホームグラウンドで唐十郎と共同演出。また、70年代に状況劇場のポスターや舞台美術を担当した篠原勝之が、「ガラスの魔術の虹係」として参加する。


藤原央登

燐光群『内海のクジラ』(作・演出=坂手洋二、振付=矢内原美邦)
9/22(土・祝)・23(日) 犬島・西ノ谷湾岸 3,500円
7月に上演された「無秩序な小さな水のコメディー」の中の短編『入り海のクジラ』をさらに発展させるという作品。矢内原美邦振付のダンスが犬島の入江でどう展開されるか楽しみ。

砂連尾理/劇団ティクバ+循環プロジェクト『劇団ティクバ+循環プロジェクト』(構成・振付・演出=砂連尾理)
9/22(土・祝)・23(日) 元・立誠小学校 講堂 3,000円
この夏のロンドンオリンピックでは南アフリカの選手が陸上でオリンピックとパラリンピックの両方に出場した。ならばダンスの世界で障碍者と健常者が対等に表現することは可能か? その確認をしてみたい。

SPAC『夜叉ヶ池』(演出=宮城聰、音楽=棚川寛子)
9/29(土)・30(日)・10/6(土) 静岡芸術劇場 4,000円
宮城聰が2009年にSPACで初めて泉鏡花を舞台化した作品。ク・ナウカ時代に手掛けた作品ともまた違う宮城版泉鏡花ワールドを堪能したい。


柾木博行

シス・カンパニー/Bunkamura present『騒音歌舞伎 ボクの四谷怪談』(脚本・作詞=橋本治、演出=蜷川幸雄、音楽=鈴木慶一)
9/17(月)〜 10/14(日) Bunkamura シアターコクーン 5,000〜9,500円
「橋本治 幻の戯曲を、蜷川幸雄が奇跡の発掘!」。「昭和五十一年にして文政八年、さらに元禄十四年であり、しかも南北朝時代」の橋本治版『四谷怪談』が、40年振りに蘇る。

男肉 du soleil『団長のビバリーヒルズコップ』
9/27(木)〜 30(日) シアター711 2,000〜3,000円
四年半ぶりの男肉 du soleil観劇。その動機は、どういったいきさつで客演することになったのか分からない、アイドル・中村優を見るため!

はえぎわ『ライフスタイル体操第一』(作・演出=ノゾエ征爾)
9/28(金)〜 10/8(月) 三鷹市芸術文化センター 星のホール 500〜3,600円
第56回岸田國士戯曲賞受賞後の『I'm (w)here』で、3.11を起点とした東京の人間の姿を真摯に描出したはえぎわ。演劇的趣向を凝らした舞台創りも見ものだ。


藤原央登

劇団俳優座『かもめ』(作=A.チェーホフ、翻訳=小田島雄志、演出=眞鍋卓嗣)
9/8(土)〜 23(日) 劇団俳優座5階稽古場 5,250円
前回はスエヒロケイスケの書き下ろし新作を演出した俳優座の若手演出家・眞鍋が、今回はマイケル・フレインの英語版の小田島訳による『かもめ』を上演。

NODA・MAP『エッグ』(作・演出=野田秀樹、音楽=椎名林檎)
9/5(水)〜10/28(日)
東京芸術劇場 プレイハウス 5,500〜9,500円
リニューアルオープンとなった芸劇で、芸術監督の野田が見せるのは「あるスポーツ」を巡る物語。東京にオリンピックを招致しようという東京都の思惑に野田が乗るのかも気になるところ。


文学座『エゲリア』(作=瀬戸口 郁、演出=西川信廣)
9/7(金)〜 23(日) 吉祥寺シアター 5,500円
岡本一平、かの子の壮絶な生き方を、文学座の俳優の瀬戸口 郁が書き下ろした新作を上演する。


柾木博行

マームとジプシー『ワタシんち、通過。のち、ダイジェスト』(作・演出=藤田貴大)
9/7(金)〜 17(月) 三鷹市芸術文化センター 星のホール 1,000円〜3,000円
「岸田國士戯曲賞受賞後初のフルスケールでの新作」は、「100年規模の時間を、記憶を、描き出」す。100年といえば、近々ではケラリーノ・サンドロヴィッチ『百年の秘密』があった。これに拮抗する強度を提示できるか?

劇団オルケーニ『ショックヘッド・ピーター 〜よいこのえほん〜』(作=ジュリアン・クラウチ/フィリム・マクダーモット/タイガー・リーズ、演出=アシェル・タマーシュ)
9/1(土)〜 9(日) 東京芸術劇場 シアターイースト 1,000円〜4,000円
リニューアルオープンする東京芸術劇場で最初に公演するのは、芸術監督・野田秀樹が「イチ押し」のハンガリーの劇団。「コワかわいい」「ブラックな寓話」劇。

アマヤドリ『フリル』(作・演出=広田淳一)
9/8(土)〜 17(月) 王子小劇場 1,000円〜3,500円
今年、「ひょっとこ乱舞」の名を改めて再スタート。変わったのは名前だけか否かを確かめたい。

藤原央登

『トロラスとクレシダ』(作=W.シェイクスピア、演出=蜷川幸雄)
8/17(金)〜 9/2(日) 彩の国さいたま芸術劇場 大ホール 2,000〜8,000円
もう美"少年"とは呼べない妙齢の男たちによるオールメールシリーズが果たして悲劇を物語れるのか、気になるところ。

新宿梁山泊『百年 風の仲間たち』(作=趙博、演出=金守珍)
8/18(土)〜 26(日) 吉祥寺シアター 3,100〜4,100円
大阪在住の歌手・趙 博の歌「百年節」をモチーフに、ソウルのDosam ART CENTERからの依頼で金守珍が作った作品を本邦初演。

SCOT『世界の果てからこんにちは』(作・演出=鈴木忠志)
8/25(土)・9/1(土) 利賀芸術公演・野外劇場 4,000円
この夏、エジンバラ国際フェスティバルに招待されて『エレクトラ』を上演してきたSCOTだが、本拠地利賀のサマーシーズンでは定番の『世界の果てからこんにちは』など3作品を上演。送り火のような"果てこん"で今年も夏が暮れていく。


柾木博行