Back Numberの最近の記事

シアターアーツ創刊50号 2012春 3月25日発売

シアターアーツ創刊50号 2012春

特集「年間総括2011」

『ポストドラマ演劇』の十二年後/ハンス=ティース・レーマン 翻訳=津崎正行・平田栄一朗
 ポストドラマ演劇とゼロ年代の日本演劇/西堂行人
 ブレヒト/ミュラー/ポストドラマ演劇──そしてレーマン/谷川道子

[対談]
[年間総括座談会]ここから演劇をどう始められるか
 高橋豊/嶋田直哉/柾木博行/藤原央登/西堂行人(司会)
[発表]劇評家が選ぶ ベスト舞台・ベストアーティスト
[解説]西堂行人
 国際演劇評論家協会(AICT)会員アンケート+定期購読者
[論考]
 坂手洋二の二〇一一年/今村 修
 三谷幸喜の「大収穫祭」/山口宏子
 観客の目から見た第三舞台/林あまり

二〇一一年の演劇賞各賞一覧

[発表]第17回AICT演劇評論賞 第16回シアターアーツ賞

[第三次]シアターアーツ 49号 2011冬 12月25日発売

[第三次]シアターアーツ 49号 2011冬

特集「ポストドラマ演劇〈以後〉」

『ポストドラマ演劇』の十二年後/ハンス=ティース・レーマン 翻訳=津崎正行・平田栄一朗
 ポストドラマ演劇とゼロ年代の日本演劇/西堂行人
 ブレヒト/ミュラー/ポストドラマ演劇──そしてレーマン/谷川道子

[対談]
 大震災と演劇 別役実×野田秀樹×山口宏子(司会)

[上演テクスト] やなぎみわ演劇プロジェクト1924
第一部 Tokyo-Berlin 作・演出=やなぎみわ
第二部 海戦 原案・演出=やなぎみわ 脚本=あごうさとし

やなぎみわ インタビュー/聞き手=柾木博行
歴史を撹拌する呼び声〜やなぎみわ演劇プロジェクトについて/森山直人

[第三次]シアターアーツ 47号 2011夏 6月25日発売

[第三次]シアターアーツvol47.2011夏

特集「3.11に遭遇した劇現場」

震災による惨事へのAICT日本センターからのメッセージ/西堂行人
公開フォーラム──震災後の演劇を語る/石川裕人×永井愛×内田洋一×西堂行人
[論考]
 福島で生きる私たちの未来──演劇教育のこれまでとこれから/石井路子
 大震災に揺れた劇場/柾木博行
 3月11日は初日だった。/三浦基
 物語は人間が作るのか、それとも勝手に上から来るのか──野田秀樹のカルト三部作と三月十一日/野田学

[第三次]シアターアーツ 46号 2011春 3月25日発売

[第三次]シアターアーツvol46.2011春

特集・年間回顧2010

座談会「井上ひさし、舞台の夢に」栗山民也×扇田昭彦×新野守広
[年間回顧]「正しい誤解」の領分──あうるすぽっとチェーホフ・フェスティバル2011 野田学
      「ダンスの暴力性について─2010年の日本で行われたダンス公演を総括して」坂口勝彦
[発表]2010年 ベスト舞台、ベストアーティスト
    年間回顧アンケート2010年
[解説]年間回顧2010年
[対談]──20世紀と野外演劇を語る 松本雄吉×西堂行人


発表 第16回AICT演劇評論賞・第15回シアターアーツ賞
第16回AICT演劇評論賞──選考経過・選評・受賞のことば
第15回シアターアーツ賞──選考経過・選評

[第15回シアターアーツ賞佳作]蜘蛛女の操る幻想──ミュージカル『蜘蛛女のキス』/吉田季実子

[第三次]シアターアーツ 45号 2010冬 12月27日発売

[第三次]シアターアーツvol45.2010冬

特集・世界演劇のただ中へ

対談 八〇年代演劇のラディカリズム──『新宿八犬伝』全五巻完結 川村毅+西堂行人
座談会「ポストドラマ演劇をめぐって」平田栄一朗×岡本章×新野守広
[論考]
アジアの/とブレヒト Brehit in/and Asia──国際ブレヒト協会シンポジウム 谷川道子
八月のダンス──Tanz im August 中島那奈子
新生国家ジョージアの再出発とともに始まった二つの演劇祭 エグリントンみか

[第三次]シアターアーツ 44号 2010秋 9月24日発売

[第三次]シアターアーツvol44.2010秋

特集・外への志向/思考

[座談会]
 脱出せよ! 日本演劇 内田洋一×野田秀樹×扇田昭彦×野田学(司会)
[論考]
 「外」は消えたか?――『三月の5日間』と『夢の泪』 新野守広
 地理的な外部/歴史的な外部――フェスティヴァルの功罪を中心に 堀切克洋
 米軍基地を背に「平和」を訴える演劇祭――キジムナーフェスタ二〇一〇報告 梅山いつき
[インタビュー]
 さいたま芸術劇場の冒険 佐藤まいみ 聞き手=西堂行人

[第三次]シアターアーツ 43号 2010夏 6月22日発売

シアターアーツ43号

特集・ゼロ年代の演劇から──

巻頭対談 ニッポンの演劇 佐々木敦×西堂行人
座談会 ゼロ年代の演劇から 扇田昭彦×野田 学 ×梅山いつき×西堂行人(司会)
解 説
アンケート 国際演劇評論家協会会員に聞く2000年代のベスト舞台
2000年代ベストテン
2000年代演劇年表 2000〜2009
[論考]
ダンスのこの十年──とりわけコンテンポラリーと言われたダンスのこと 坂口勝彦
二〇〇〇年代のシェイクスピア上演は「人類の黄昏」を映す 桂 真菜

シアターアーツ42号【発表】評論家が選ぶベスト舞台・ベストアーティスト
【二〇〇九年間回顧】
 【座談会】扇田昭彦/西堂行人/江森盛夫/高萩 宏/高橋宏幸
 二〇〇九年の関西演劇 今村修
 二〇〇九年のコンテンポラリーダンスを回顧して 木村覚
【インタビュー】信頼の場としてのフェスティバル 
相馬千秋(フェスティバル/トーキョー プログラムディレクター)聞き手=高橋宏幸
劇評家アンケート
二〇〇九年演劇賞各賞一覧

【シアター・クリティック・ナウ'09報告】 シンポジウム「土方巽とその時
代」報告=立木燁子
【シアター・クリティック・ナウ'09発表原稿】シェイクスピアと観客反応
喜志哲雄
【発表】
第15回AICT演劇評論賞――選考経過・選評・受賞のことば
第14回シアターアーツ賞――選考経過・選評

【評論】 ある未来派演出家について(承前)田之倉稔
【批評のフロンティア8】 新しい〈世界演劇〉の流れ 西堂行人
【舞台時評】ミュージカル全盛と「カンダー&エッブ」 山口宏子
【演劇時評】もうひとつの世界 谷岡健彦

【劇評】
 〈歴史〉と演劇 新宿梁山泊『TORAJI 2010』 嶋田直哉
 舞台に上げられた観客 飴屋法水演出『4・48サイコシス』 富山雅之
 パフォーマンスにおける「三」の意味 川口隆夫プロジェクト『Tri_K』
堀切克洋

【連載】
 オールラウンド★観劇日誌8 江森盛夫
 演劇現場の取材帳16 河野孝
[書評]エリカ・フィッシャー=リヒテ 著『パフォーマンスの美学』 評者=毛利三彌
[書評]小林 標 著『ローマ喜劇――知られざる笑いの源泉』 評者=市川明

【ドキュメント】
Cargo Tokyo-Yokohama
Rimini Protokoll リミニ・プロトコル
構成=シュテファン・ケーギ
演出=イェルク・カレンバウアー

【インタビュー】
イェルク・カレンバウアー(『Cargo Tokyo-Yokohama』演出)
インタヴュアー=萩原健

第二次第三期シアターアーツ総目次

【インタビュー】鵜山仁氏にきく――新国立劇場と芸術監督 聞き手=山口宏子
【劇評】理知的な俯瞰、等身大の『ヘンリー六世』三部作  河合祥一郎
【評論】試論・新国立劇場設立を取り巻いた政治状況と演劇状況  梅原宏司

【対談】アジアの演劇、世界の演劇――劇評家の役割と機能   金潤哲×西堂行人
【インタビュー】ファルク・リヒター 作品とその思想  聞き手=新野守広
【評論】
ある未来派演出家について  田之倉稔
ダンスという参照項へ――ダンストリエンナーレ トーキョー 2009  坂口勝彦
現代のギリシャ悲劇?――ワジディ・ムアワッド『焼け焦げるたましい』  堀切克洋
【批評のフロンティア(7)】 竹内敏晴の仕事――追悼にかえて  西堂行人
現代劇における能の摂取(下)  小田幸子

【舞台時評】長い長い物語の魅惑  山口宏子
【演劇時評】子どもの領分  谷岡健彦

【劇評】
 小林多喜二への明るい鎮魂曲 井上ひさし作『組曲虐殺』  岩波 剛
 二つの劇場で芸術監督を務める蜷川幸雄がそれぞれ思いを込めて総力戦 
『コースト・オブ・ユートピア』『真田風雲録』  高橋 豊
 他者とはどこにいるのか『赤鬼』『農業少女』  高橋宏幸

【連載】
オールラウンド★観劇日誌(7)  江森盛夫
演劇現場の取材帳 (15)  河野 孝
[書評]クリスティアン・ビエ、クリストフ・トリオー 著『演劇学の教科書』  評者=伊藤 洋
[書評]岡村春彦 著『自由人佐野碩の生涯』  評者=高橋宏幸

維新派上演テクスト『ろじ式』?M1冒頭部、4「海図」、M5「おかえり」収録
構成・演出=松本雄吉 音楽=内橋和久
【インタビュー】松本雄吉 都市の路地――維新派『ろじ式』について  聞き手=高橋宏幸