これから観る舞台8月前半by藤原央登

パラドックス定数『東京裁判』(作・演出=野木萌葱)
7/31(火)〜 8/12(日) pit北/区域 3,000円〜3,200円
「弁護団主任弁護人。『人類の知る最重刑』を求刑する検察団を相手に、彼らは真っ向から勝負を挑む」。2009年初演、極東国際軍事裁判を巡る作品の再演。

ミナモザ『国民の生活』(作・演出=瀬戸山美咲)
8/1(水)〜 6(月) SPACE雑遊 2,000円〜3,300円
モノで溢れたトーキョーの生活の問い直し。3,000円相当の物品を持参すれば観劇できる「3,000円相当デー」(3日昼)、それらを見学する「3,000円相当のモノ博覧会」(5日夜)が催される。

まことクラヴ+『蜜室(みっしつ)』(構成・演出・振付=遠田誠)
8/8(水)〜 11(土) シアタートラム 3,000円〜3,500円
「日常の行為や風景の中に"非日常"のダンスを織り込」んできた同カンパニー。今作では舞踏家・向雲太郎はじめとする客演を招き、劇場で公演する。


藤原央登

最近の記事

これから観る舞台 8月前半by柾木博行
やなぎみわ演劇プロジェクト『1924 人…
これから観る舞台8月前半by藤原央登
パラドックス定数『東京裁判』(作・演出=…
これから観る舞台7月後半by柾木博行
維新派『夕顔のはなしろきゆふぐれ』(構成…
これから観る舞台・7月後半by嶋田直哉
ゴーチ・ブラザーズ主催公演『千に砕け散る…
これから観る舞台7月後半by藤原央登
ニットキャップシアター『ピラカタノート』…